消費者金融:かしこくキャッシングを利用しよう

キャッシングのかしこい利用方法

消費者金融:かしこくキャッシングを利用しよう



「今月のピンチ、キャッシングで乗り切ってみようかな?」そうお考えの方の中には、「でも、キャッシングってなんだか危険って聞くし、怖いなあ。」「簡単にお金を貸してくれるのに、安心なんて事はないんじゃないの?」と、キャッシングの持つマイナスなイメージから、いまひとつ利用に踏み切れない方も多いでしょう。

しかし、キャッシングは一概に全てが危険であるとは言いきません。正しく使う、また、危険を把握し回避する、というポイントをしっかりと理解できていれば、この度の金銭的なピンチを乗り切る大きな鍵となってくれるはずなのです。

では、そもそも消費者金融を利用する上でなにが一番危険であるのかを考えてみてください。

キャッシングを利用する上での危険は、やはり第一に《返済の長期化》が挙げられるのではないでしょうか?返済がダラダラ続いていれば、その分返済額は増えていってしまいます。

返しても返しても終わらない、そんな返済地獄こそが、キャッシング利用の抱えるデメリットだといっても過言ではないでしょう。逆に言えば、利用したとしても、返済が長引かない借り方を考えるだけでこのリスクは回避できるはずなのです。

それでは、返済が長引かない借り方、とは一体どのような借り方なのでしょうか?誰でも思いつく、簡単な方法です。それは、高額な借り入れをしない、という事です。「え?それだけ?」と拍子抜けしてしまうかもしれません。

しかしこのポイントを守ることが出来なかったケースこそが、世の中に出回る消費者金融のマイナスイメージにつながっているはずなのです。

ここでネックになるのは、借りるお金が小さいとそれだけ金利が高くなってしまうという事実です。しかし、金利が安くなったとしても、返済の長期化で返済額が大きくなってしまうデメリットと比べてみてください。
群馬県

手軽に借りることができてしまう分、なにかと消費者金融に依存してしまいたくなる気持ちもわかりますが、ぜひ、返済の長期化を避け、賢く使いこなしてくださいね。

キャッシングとフリーローン

フリーローンという言葉を耳にされたことのある方は少なくないと思います。このフリーローンというのはいわゆるキャッシングを指す言葉です。

例えば住宅ローンや教育ローンなど、「何に使うか決まっている」ローンとは違い、融資を受けたお金を自分の好きなように使えるのがキャッシングローンになります。

融資を受けるときも返済時は、キャッシング会社が提携を組んでいるコンビニATMや銀行などを通して利用できるのもメリットですし、借入れの申し込み時にはインターネットや自動契約機を活用できるなど、使いやすいローンと考えられるでしょう。

上記にも挙げましたが、フリーローンの良い点としては、申し込み手続きが難しくないということになります。担保も保証人も必要ありません。審査までの手続きもシンプルですし、審査に掛かる時間も最近では速くなってきました。

借入れまでの時間は申し込んだ当日、というキャッシング業者が多いです。また、レディースローンや初めて利用する人には期間限定の無利息サービス、低金利サービスなども魅力で、年々利用者は増えています。

そもそもフリーローンがこんなにメジャーな存在になったのは、ノンバンクが増加したためです。銀行や信用金庫などのバンクではお金を預けることもでき、融資もできます。ノンバンクの場合は預金を必要としませんが、融資やクレジットサービスを提供しています。

このように預金として預かったお金を融資の資金として使う事ができるのが銀行ですが、ノンバンクは貸し出すことのできるお金を回す預金というシステムがありません。そのために融資に回すお金は銀行から借り入れる形になっています。

ノンバンクは消費者金融を始め、信販、クレジット会社、そしてリース会社などです。

これらノンバンクが注目され始めたのはバブル期の頃で、不動産をターゲットにした借入れが多く、ノンバンクはどんどん増えていきましたが、1990年になると総量規制が始まり、つぶれてしまうノンバンクはひとつや二つではありませんでした。ですが企業の個性を生かし、順調に経営を続けているキャッシング会社も少なくありません。

さて、フリーローンという名のキャッシングは審査のハードルが銀行よりも低いのが特徴ですが、使う目的の決まっているローンと比較すると高金利なのも特徴です。

借入れも簡単にする事が可能なため、返済プランも立てずに融資を受けてしまい返済が滞ったり、複数の企業から借り入れてしまうことによって、問題を抱える利用者も少なくありません。キャッシングを行なう際は返済方法や金利のチェックを必ずしっかり行って下さい。

キャッシングの返済がピンチに陥ったとき

キャッシングをする時に大切なことは、自分の返済能力を把握し、リスクのないように融資を受けること、そして返済プランをしっかり立てることでしょう。毎月返済を滞らせるのはもちろんアウトです。

滞らせずにしっかり返済することによって、キャッシング業者から信用を得られますので、徐々に限度額が拡大するなど色々なよいこともあります。

とはいえどんなに計画的に返済していても、突然の出費がないわけではありません。例えば病気をしてお給料やバイト代がいつもより少なかった、といったことが人間誰しも起こらないわけではないのです。

今月の返済がちょっとやばいかも…、となるようなケースもあるでしょう。この様なときは他のキャッシング業者から融資を受ける。

…ということを思い付く人もいるかもしれませんが、それは避けるようにしてください。返済のためにキャッシングをしてしまうと、多重債務者の沼に足を踏み入れてしまう、リスクの高いことなのです。

ですから上記のような場合の、「どうしても今月の返済が滞りそう…」といった際には、やはり利用しているキャッシング会社に電話や直接足を運んで、事情を説明して下さい。

相談することによって、解決するケースも少なくないようです。また、返済がどうしても無理!というときには、とっておきの裏技も存在します。

それは、利息分のみの返済です。利息分だけ返済しても、「返済が止まった」ということにはあたりませんので、延滞という行為にはなりません。キャッシングする際に何より注意しなければいけないことは延滞行為です。

支払いが滞ってしまうことは、今まで培ってきた信用度を一気に壊してしまうことにもなります。また1度延滞を覚えてしまうと、気付けば遅れてしまっている、という事が増えていってしまうでしょう。

だからといって、毎月利息分だけ返済する、という行為はNGです。どうしようもない時にだけ効果のある方法ですので、毎月このような好意をするのは止めましょう。究極の一手となりますので、使わないに越したことはないです。